◆ブログカテゴリー ⇒ クルージング & ヨットレース (49)  | マリン情報 (162) | オペラ (135)  | 日々、つれづれ (31)  | 全てのブログ(投稿記事) (376)

メイン

オペラ

ピカソ展

好きな作曲家は文句なく モーツァルト。
好きな画家は ピカソ。

残念ながらピカソの事は、多くは語れない。
そう、確かに勉強不足。

ふくやま美術館の特別展 「ピカソ展」 に行った。
今年の一月、二千数百点を所蔵する、パリのピカソ美術館に行ったのにまだまだ観たい。

自分の中には、征服欲があるらしい。
同一ブランドの衣服、カバンを買いあさる。


ピカソのデッサン力には魅せられる。
特に10代の頃の。
少ない線で、見事に立体感を表現する。

そんな素養があったから、キュビズム(立体画)に
移行していったのかな ?


やはりこの 「剣を持つ男」 が印象的だった

英国ロイヤルオペラ / ドン・ジョヴァンニ

今年の3月、モーツァルト協会を通じて、9月の英国
ロイヤルオペラの引越し公演の案内があった。

出演者を見て、びっくりした。
ダルカンジェロ、ヴィラゾン、ディトナート等、
世界のトップクラスのオペラ歌手が来るのではないか。

即、55000円のS席を予約した。
こういう時は、ほとんど迷わない。
本能のおもむくまま。 (笑)

9/13、朝の新幹線で渋谷のNHKホールに向った。
2日前、関東に震度4の地震があったので、
余震が少し心配。

案の定、開演前に、地震が発生したら、演奏を途中で
止めることもある。との

こんなことを言うオペラハウス、世界にないのでは ?
東京に住んでいる人は、怖くないのだろうか ?
なぜ引越ししないのだろう ? (笑)


まずオーケストラがすばらしい。
配役がほとんど適役である。
ハイテクを取り入れた演出も見応えがある。

ひさしぶりに体内から湧き出る、「幸せ感」を感じた。


中央がドン・ジョヴァンニ役のダルカンジョロ

ウィーンにて

10年近く前、冬のウィーンを訪れた時はまだ
ウィーン中央駅は無かった。

2014年の12月、南駅の近くに中央駅に建替えられた。
ベルリン中央駅にも似ている。

高速鉄道、在来線、地下鉄が立体的に入り込んでおり、
建物構造はHEAVYである。
数百年は持つように建てているのだろう。

ホテルを中央駅の近くに取っておいた。
7/10の夜は、ステファン寺院で、ヴィヴァルディの四季を
メインにした弦楽四重奏のコンサートに出かけた。

弦の音が暗く、小さく、大きな寺院内に響き渡らない。
やはりミサ曲のように、大編成の方が教会のコンサート
には効果があるように思う。
残音もビックリ。

7/11は朝一にモーツァルトの埋葬地、セント・マルクス
共同墓地に出かけた。
坂を自転車で降りてきた管理者風のおじさんが
「モーツァルトだろう ? 」 うなづくと、指で案内してくれた。

場所は容易にみつけられた。マリア・カラスの時は
苦労したのに。。。。。
埋葬場所は特定できないが、碑の近くなんだろう。

やはり、誕生した部屋と同様に特別な感情が沸いて来る。
小さな、簡素な碑も、彼の最後にふさわしい。

ヴェルヴェデーレ宮殿へ、クリムトの「接吻」を観に行った。
楽しみにしていた。
クリムトは大好きだ。
不思議な魅力を感じる。

続いてモーツァルトがウィーンに出て、最もブレイクして
いた時期の館、「モーツァルトハウス」に行った。
その頃は、今なら数千万円の年収があったようだ。

そのあと、美術史博物館へ。
ブリューゲル、デューラーの絵画を堪能した。
デューラーがあらためて好きになった。

午後6時からはモーツァルトハウスで弦楽四重奏の
コンサート。

隣席のおばさんが、「昨日もモーツァルトのお墓にお花を添えたのよ」 と。
私 「今朝、行ったんです」。 意気投合してしまった。

3日目の7/12、シェーンブルン宮殿、及び隣接している
動物園に出かけた。

ウィーンは堪能できた。

モーツァルトが生まれた部屋、ブレイクした館、そして
埋葬された墓地を、今回通しで見る事ができた。

帰国したら、再度モーツァルト研究にチャレンジしよう。

あのハイドンがモーツァルトの事を、スキルとセンスが
ピカイチと、彼のお父さんに言った。

センスとは何なんだろう ?
私は「創造力」に近いものだと思う。

芸術を鑑賞する事により、自分の仕事、人生をより創造性
のあるものにして行きたい。


ライトアップされたステファン寺院。


モーツァルトの埋葬地は
セント・マルクス共同墓地にあった。


オイゲン候の夏の別荘、ヴェルヴェデーレ宮殿

リンツにて

ザルツブルグとウィーンのほぼ中間にあるリンツに
移動した。
人口は19万超で、グラーツに次いでオーストリア第3の
都市である。

モーツァルトは交響曲「リンツ」を書いた。
3日間で書き上げた館がモーツァルトハウスとして
残っていた。

探し当てるのに一苦労だった。
聞いても知らない人が多い。
逆に外国の旅行客の方がよく知っている場合も、
日本でもよくある。

中に入れないので、特に感想はないが、見つけた事に
満足 !!


ボタンを押すと、交響曲「リンツ」が流れてくる装置があった。

ザルツブルグにて

Hanse Yachtsディーラーミーティングが、7/13-15ドイツの
工場で行われる前に、例年のごとくプライベートな旅を
7/8から楽しむ事にした。

ザルツブルグ一泊、リンツ一泊、ウィーン二泊、そして
寝台列車でベルリン経由工場のあるグライフスバルトへ
、ウインクレルの的野氏らとは現地集合。

もっともっと、モーツァルトを深掘りしたい。
夏のザルツブルグ、ウィーンにも行ってみたい。
二つの理由で、このような旅になった。

7/18から始まる約一か月半の、「ザルツブルグ音楽祭」の
前でも、観光客が多い。

物乞いも多い。
ヨーロッパ中から集まるのか? (笑)

やはりモーツァルト一色である。
同郷の指揮者カラヤンの存在感は、全くなし。

これほど、後世に尽くした天才は、他にはいないだろう。
死ぬときは、乞食同然の扱い方をされたのに。。。。

人口15万にも満たないこの町に国際空港、ブランド通り、
そして多くのコンサート会場、高級ホテル等々。

彼の生まれた家、生活した家をもう一度訪ねた。
特に生まれた部屋は、何か特別なものを感じた。

天才が生まれた事により、平穏なモーツァルト一家の
生活は、激変していく。

そのスタートの場所にもなるから。


雨模様のホーエンザルツブルグ城塞。
大きなあじさいが美しい。


モーツァルトの住居。
再建されたものだから、臨場感は少ない。

リヨンにて

昨年の11月、リヨンオペラ座の首席指揮者、大野和士の
コンサートに出かけた。

一度、このフランス第2の都市に行ってみたくなった。
幸い、モーツァルトの「イドメネオ」も上演中なので、パリの
後に行く事で、即決定。

ホテルに着いてから、例のごとくオペラ座の往復。
地下鉄を利用すれば、ほとんど夜道を歩く必要なし。

オペラ座は1993年に新装オープンした、ガラス張りの
建物。場内は黒一色。
ちょっと違和感を持ってしまった。

やはり地方のオペラハウスでは、予算の関係上なのか、
演出を現在風に簡素にしているので、オリジナルと
比較すると戸惑ってしまう。

途中でコックリとなってしまった。


翌日24日のフライトは、17:30リヨン発。
出発前、町を一望できるフルヴィエールの丘に登った。

ソーヌ川、ローヌ川の間にできたリヨンは、ルネッサンス
様式の美しい町である。
近代的な高層ビルも建設中であるが。

日本を含めアジアの建物は、昔を壊し建替えをしている。
街に立っていても、歴史の連続性を感じられない。


スタッフの衣装も、黒ベース


やはり高いところは、快感

パリにて (2/2)

・ ピカソ美術館

昨年のパリでは、ピカソ美術館が改装の為、休館であったが、今年やっと見る事ができた。
会場入り口は長蛇の列。

1985年に開館したピカソ美術館は、パリで死後相続税と引き替えに、フランス国家に寄贈されたものだ。

200点余りの絵画、彫刻、約3000のデッサン、88の陶器は、ピカソ91年間の歴史を感じる美術館は、他にはないだろう。

他国出身の画家・音楽家達が、パリで活躍し、そしてパリで死んでいく。

多くの作品がパリに残り、そしてすばらしい美術館が生まれる。

その墓地も含めて、魅力的な芸術観光都市になっていく。


パリは芸術家にとって、今でも魅力的な都市なんだろう。
いや、一般人にとっても。

歩いてみれば、他国人が多い。
フランス国家の包容力なのか、それとも理念なのか。

これからの日本の姿、いろいろ考えさせられる。
もう遅いかも 。。。。

理念のない国家は、いつも目先の損得に流される。


大天才に共通して言える事は、「多才」 である。
ダ・ヴィンチ、モーツァルトがそうであるように。
ピカソも例外ではない。

あの目の迫力、人生最後まで製作への意欲。
言動はまるで、哲学者の様。

「ラファエロのように描くには4年あれば十分、しかし子供
のように描くには一生かかる。」


際立つ、デッサン力


ピカソ本人、お気に入りの 「女性頭像」

バリにて (1/2)

・パリオペラ座(ガルニエ)

デュッセルドルフボーショウを、4日間見学した後、昨年と
同様パリ、そしてリヨンに立寄る事にしていた。

パリではパリオペラ座(ガルニエ)で、モーツァルトの
「後宮からの逃走」、そしてビカソ美術館。


デュッセルからパリまでの切符が、駅窓口では発券できず
指定のSITEにアクセスするが、ラチがあかない。

ボートショウ会場で出会った、ヨットデザイナー大橋さんが
良く使う購入SITEを教えてもらい、ウイクレルの的野氏の
手助けで切符手配 OK。

多国間を走る列車の場合、切符購入方法が違うのだろう。
言われてみれば、ごく当然。

一瞬どうなのか心配だった。
分かったのが当日でなく、前日でよかった。
何事も早めに !!


一月の初旬、パリでのテロ事件の影響で、いたるところに
警察、軍が機関銃を構えている。
今はかえって安全なのかも。。。。

ホテルに入ってから、明るいうちにオペラ座まで一往復。
帰りが夜11時ごろになるから。

歩いて帰っても安心であること、確認できた。
私は A 型 。  (笑)


このオペラの聴きどころは、捕らわれた女性コンスタンツェ
が歌う2つのアリア。

コンスタンツェ役には、メトロポリタンオペラハウス教習生
出身で、彗星のようにチャンスをつかんできた、
コロラテューラ・ソプラノのキューバ系アメリカ人、
リセッテ・オロペサ。

若干32才の、これからが旬なオペラ歌手である。
細身で、小柄でとても美しい。

清純な役が似合うのだろう。
まだまだグルヴェローヴァのようには歌えないが。。。。


DVD等では、どちらかというと昔の歌手のものが多いが、
有名なオペラハウスに行くと、世界中を飛び回っている
旬な歌手と出会う事がてきる。



ライトアップした世界で最も美しいオペラハウス
ナポレオンⅢ世の命で1875年完成
36歳のシャルル・ガルニエ設計
建物中央にはモーツァルトの名前が


1964年、シャガールが手掛けた天井画
回りとの融合が絶妙


中央の茶色の衣装が、リセッテ・オロペサ

カルメンは私の理想

METライブビュー、ビゼーの「カルメン」を観に出かけた。
オペラの中でも、傑作中の傑作である。

カルメンが最初の恋人、軍隊の伍長ドン・ホセと、一夜を
楽しもうとしたとき、帰営のラッパが聞こえてきた。

帰ろうとするドン・ホセに、カルメンは激怒し、痛烈に
軽蔑する。

自由奔放に生きているカルメンにとって、組織と時間に
がんじがらめになっている、ドン・ホセに我慢が
ならなかったのだろう。

振り返って、現代の世の中、自由に生きる事は
なかなか難しい。

それとも、あえて自由を捨てて安定を、
求めたいのだろうか ?

やはり私は自由に生きたい。

そして、その源を得る為に、働きたい。


グルジアのメゾソプラノ、アニータは「カルメン」にぴったり

やはりモーツァルトは別格

オペラへの興味は、ある音大卒業の女性から「モーツァルトは別格ですよ。」から始まった。

それ以来、NHK文化教室オペラ受講、日本モーツァルト協会入会、DVD、メトロポリタン・ライブブュー、そして年2回のヨーロッパでの観劇。

名作といわれる50曲は、ほとんど鑑賞した。

しばらくモーツァルトの傑作オペラは観ていなかったが、2014-2015METライブビューの、第2作目「フィガロの結婚」を映画館で鑑賞した。

すばらしい序曲、メロディックなアリアのオンパレード。
モーツァルト曰く 「どんな情景でも音楽で表現できる」と。
オペラ全体がまさに、「絶妙さ」で、出来上っている。

あらためて、モーツァルトは別格であることを確信した。

モーツァルトに始まり、モーツァルトに回帰するのかも。

ヨットもセーリングに始まり、またセーリングに戻るのかも。


今回のフィガロは、コメディ性も興味深かった。
やはりアメリカらしい。