◆ブログカテゴリー ⇒ クルージング & ヨットレース (50)  | マリン情報 (166) | オペラ (137)  | 日々、つれづれ (31)  | 全てのブログ(投稿記事) (383)

メイン

全ブログ

広島~伊根 回航

日本海側の回航は、太平洋側に比べて少ない。
広島~小樽の途中、京都の伊根まで同乗した。

本来出港は福岡の小戸からであったが、このGWまで約半年あったので、一旦広島へ回航し瀬戸内海を楽しんで頂いた。

北海道のお客様曰く、「瀬戸内海は日本の宝だ ! 」
私の地元、瀬戸内をもっともっと大事にしなくては。

山陰の海岸をじっくり眺めながら進んでいくと、山陽側から入り込めない絶壁のようなところに、数軒の部落がある。平家が源氏から逃れて住んだのか ? それとも韓国、北朝鮮の方から移り住んだのか ?
ヨット内の議論が絶えない。

干満差の少ない日本海側は、岸壁係留に抵抗は感じられない。ただマリーナが少ないから、水の供給に不便。

次回チャンスがあれば、もっと北の方まで乗ってみたい。せめて青森県の方まで。。。


舟屋で有名な伊根漁港

2019年05月05日 11:50
デゲロ28 修理中①

19.4/12、デゲロ28の修理を依頼している、鹿児島KMSを訪問した。
出雲搬出依頼、半月ぶりの再会である。

・ 気になるエンジンは錆の発生した部品交換でOK。
  換装不要。
SPEED対応が必須。
・ キャビ内は3回、清水で洗浄。
・ ソファも専門業者で洗浄、
但しファスナーはすべて交換。

7~9月には元通りの姿になるでしょう。

船を活かす。 
人を活かす。

私共の仕事の原点です。


ヨーロッパ女性のお尻に似たトランサム


清水洗浄後のキャビン、御覧の通り


バラされたヤンマー3YM30のエンジン

2019年04月12日 20:12
デゲロ28 修理に出発

10年前に島根県出雲市に納艇したデゲロ28が
3/17の早朝、不幸にも沈没してしまった。

原因は左舷のアッパーステイに落雷、切断。
直下のスルハル2本を破壊。
トイレインレット、スピードセンサ。

漁師さん達の協力で数時間後には上架。
ダイバー、共抱き船、クレーン、簡易船台 等々
大変な作業だったと思う。

直感的に思った。
このヨットを蘇らなければ。。。。

3/26鹿児島に向けて出発。
半年後には修理は完了するでしょう。


ディープキール艇をレッカーで吊るのはかなり恐怖


スルハルのフランジが完全に吹っ飛んでいる

2019年03月28日 04:07
メトライヴ、「椿姫」

世界で最も愛されているオペラの一つ、「椿姫」を
メトライヴで楽しんだ。

ニューヨークにあるメトロポリタンオペラ劇場には
行ってはいないが、映像でその規模、組織が伺い知れる。

ヨーロッパの主要オペラハウスはすでに行ったが、
なぜか歴史にとらわれているような気がする。

メトには歴史が少ない分、イノベーションを感じる。
アメリカ人の得意な分野だ。

オペラ公演の数週間後には、世界の映画館を通じて、
数十万のオペラファンに配信される。

まさにオペラ・イノベーションである。
だから、良質なオペラ公演となる。

最後に残るオペラハウスは ?
多分メトであろう。


ヴィオレッタを演じるダムラウ。
歌、演技共、超一級品。
久しぶりに涙が出た。

2019年02月12日 18:59
デュッセルボートショウ(2/2)

Hall 13 でハウスボートを見学した。
沖縄案件で、STUDYの必要があるから。

10社程の出展社の半数は、ポーランドからである。
湖、沼地の多いポーランドには、ハウスボート遊びの文化があるのだろう。

HULLはほとんどカタマランタイプ。
材質はアルミ、FRPの2種類。
聞いてみると、凍結する水域にはアルミが良いと。
長さは9m~12mが一般的。

日本までの輸送は問題ないとしても、国内自航が問題。
瀬戸内海位なら問題ないとしても、沖縄までの自航は困難。
近くまで海上輸送になってしまう。

沖縄案件を成功させて、瀬戸内海に展開してみたいものだ。


ボトムがアルミ筒の40ftハウスボート


ボトムがFRPの40ftハウスボート

2019年01月29日 21:26
デュッセルボートショウ(1/2)

プロダクションヨットが、益々工業製品化している。
手作り感、温もり感が全く感じられない。

ヨットは元来、美しく、味わいのあるものではなかったのかな ?

気晴らしに歩くと、Hall14に木造艇をレストアしているブースがあった。
このメンバーは同好会なのか、それとも会社なのか聞いてみた。
なんと会社組織であると。…

廃棄寸前の艇を手に入れ、丹念にレストアし、オークションで売る、というビジネススタイル。

この手漕ぎボート、いくらか聞いてみた。
4,000ユーロとの。日本円で500,000円

数艇まとめてコンテナ輸送すれば、一艇100万円位かな ?
一艇だけ輸入すれば、150万円位 ?

一社では数に限りがあるから、ヨーロッパ中から、かき集められないものだろうか?   (笑)


マスト、ブーム、セールを取付したら完成。船齢70年超


レストア中の30f超tクラス艇。船齢100年超

2019年01月29日 20:11
ロンドンへ

2年ぶりのブログ再開です。
理由は ;
① 私のブログを好意的に見てくださっている方がいるから。
② ブログを通して、自身の考え方の変化等を
後々検証してみたい。

ロンドンに行った。
オペラは夜だから、まずホテル近くのナショナルギャラリーへ。

前の広場がいい。
2つのデモ、石畳へのペインティング、ロック演奏、多くの観光客。
それぞれがそれぞれの世界で、PERFORMANCE。
なんと自由なんだろう。

名画がズラリ。
一番良かったのは、ダ・ヴインチの大きなデッサン 「洗礼者ヨハネと聖アンナのいる聖母子」。
多くの天才の中でも、彼の描写力は群を抜いていると思う。


ヨーロッパの大方のオペラハウスは回ったことになる。
15~20ハウス。私にとって最後が英国のロイヤルオペラハウスとなる。10年以上かかった。
楽しいような、寂しいような。(笑)

最初は演目を重点的に、オペラハウス巡りをしていたが、いつしかオペラハウス制覇に変わっていった。
確かに自分の中に、制覇欲があるのは事実。
いやな性格だ。 (笑)

今回の演目はチャイコフスキーの「スペードの女王」。
正直言って、「オネーギン」の方が何倍も好き。

オーケストラは確かにいい音がする。
脚本のストーリーに無理があり、全然感動なし。


デュッセルドルフに移動する前に、ヘンデルハウスに行った。
ブランド店が並ぶ、ボンド通りの一等地の一角にあった。
ウィーンのモーツァルトハウスと同じような間取りである。

才能と世渡りがたけていて、よいパトロンと出会えたのだろうか。



ナショナルギャラリー、何と入場無料


ロイヤルオペラハウス


ヘンデルハウス

2019年01月28日 09:54
長崎軍艦島ヨットレース

ヨットシーズン前の2/19、第2回長崎軍艦島一周ヨットレースに参加した。
ホストは長崎サンセットマリーナ。

昨年末、ハウステンボスのお客様からメインセールの注文を頂き、そしてレースのお誘いがあった。
正直、今月ではなく来月では ? と疑ってしまった。 (笑)

前夜祭はディンギー艇庫で、参加11艇が和気あいあい。
確か昔は、みんなこんな風であった。

大昔(30年近く前)の、第一回済州島レースの話まで飛び出す。
私も参加したので、懐かしさでいっぱい。


レースは前日のドン吹きとはうって変わって、昼過ぎまで超微風。
我々、ジャノー42.2SOの後ろには、レース艇は次第にいなくなって行った。

オーナー曰く 「レースに時々出かけないと、クルージングすらしなくなってしまうから。。。。」

あくまで成績は、二の次なのだ。



風も出てきた。 軍艦島までもう一息


2017年02月21日 09:21
フィリップ・ジャルスキー

昨年のデュッセルドルフボーショウ期間中、大好きな
バイオリンニスト、ヒラリー・ハーンのコンサートがTonhalle
という、コンサートホールであったのを後から知った。

大変悔しく思い、以後Tonhalleのウエブサイトは
時々チェックするようになった。

現代世界屈指のカウンターテナー、フランスのフィリップ・ジャルスキーのコンサートは、今年のボートショウが終る1/29(日)の、2日後であるが躊躇なくチケット予約した。

1/30(月)はケルン。 大聖堂、ホーエ通りを見物。
           hugo BOSS のTシャツを購入。(笑)
1/31(火)日中は、K20美術館。 ピカソの絵を楽しんだ。

方向音痴がひどい。
確かに、私のジャイロコンパスは壊れてる。(笑)


客席は、すべてSOLD OUT。
テレマン、バッハのバロック音楽が心に染渡る。
特に、彼の高音の伸びと、ツヤが良い。

演奏後の喝采、スタンディングオベーション。
最前列のせいか、演奏者の幸福感をも伝わってくる。

芸術家のような、特別なものを発信できる職業は、
古今東西素晴らしい。
また歴史にも、残り得る。


収容2000人弱の温もりを感じるコンサート会場


フィリップ・ジャルスキー

2017年02月01日 13:07
デュッセルドルフボートショウ(2/2)

2016-7 VENDEE GLOBE に夢中だったので、
何か記念のものを探したが、何もない。

やはりここはフランスではなく、ドイツである。

ウエアブース(HOLE No.12)でうろうろ物色していると、
ちょうど刺繍をしてくれる帽子屋さんを見つけた。

2ND FINISH 、Alex Thomson の「hugo BOSS」を
応援していたので、< BOSS >を刺繍してもらった。

お気に入りの、オリジナルのニットキャップが
出来上った。

大満足 !!    (笑)


商標権は大丈夫だろうか ?   (笑)

2017年01月30日 13:08